ひたすら雰囲気で投機するブログ

資本主義に真正面から立ち向かうスタイル

日本人が貧しくなっている事実

日本人はどうやら貧しくなっているようだ.

 

例えばかつて成立した終身雇用というあり方は,正に豊かさの象徴であった.

一人の人間が,一つの会社で30年超居続けられるのだ.その間社会様式が変化し,個人の知識や経験が陳腐化しようとも,そこに居続けられた.それはすなわち,多少最適で無い状態であっても,それを許容し相互に補い合う意志が存在したことに他ならない.

 

これは社会の本質的要素を含んでいる.

すなわち,社会は相互扶助のために存在し,互いの不足を補い合い全体を豊かにすると言う人間精神最高の働きである.

 

私はどうもこの働きが弱くなっているのではないかと思う.

つまり,「自分さえよければ他人はどうなっても知ったことではない.」という精神の流行である.これは多分に恐ろしい現象であると思う.

 

なるほど確かに自分が生存競争に生き残ればよろしい.

では,自分が最後の一人になった世界に何が残るというのか?

焼け野原で札束を握っていることに果たして意味があるのだろうか?

 

私には,人間の精神が退化し始めているのではないかと感じる.それは,テクノロジーの発達によって互いの協力を必要としなくなったことに因る.かつて必要だった隣人が機械とIT技術に置き換えられてしまった.もはや不完全な人間は不要になってしまったのだ.

 

従って,誰を残し,誰を切り捨てるかという原始的な争いが起こる.

結局のところ,人間の個人差などたかが知れているのだから,その争いに終わりは無い.最後の一人になるまで互いを傷つけ合うだろう.

 

1万年後の人類は恐らく原始人である.

協力することを忘れ,共感を忘れ,相互扶助を忘れる.

狩猟採取に戻り,動物に還るのだ.

 

もしそうなるのであれば,私はどうしたらよいか?

皆と一緒に経済的のラットレースを走るのか?

いやちがう.それでは犬死になるだろう.

なぜならそれは大衆であるから.

 

生き残るのは常に少数派である.

インターネットがもたらす不寛容さ -異文化の交わらない世界ー

インターネットは,加速度的に人類を不寛容にしているらしい.

 

インターネット以前の情報媒体は,受け手の選択権がほとんど無かった.我々市民は,発信者側の情報をただ受け取るしかなかった.そこには,半ば強制的な異質との交流があったのだ.

 

しかし,インターネットの出現によって,市民は自分が望む情報や意見だけを抽出できるようになった.これは大変有用で画期的な発明であると思われた.インターネットへ行けば,自分の意見と何一つ違わない同質のものに出会える.

 

これがたまらなく気持ちいいのだ.

 

一方,現実の生身の人間同士は,当然意見が対立し合う.どんなに親しい友人とでも,全ての意見が一致することは無いだろう.

 

つまり,インターネットで心地の良いメロディーしか聞いてこなかった人種にとって,現実の世界は辛すぎるのである.

 

他人とちょっと意見が違っただけで激しく拒絶反応を示してしまう.

この世に生まれ,互いに出会ったこの奇蹟を楽しむゆとりを知らないのだ.

 

ここに,これからの時代を善く生きるためのヒントがあるのではないか?

偏頭痛の正体 -祟り神にならないようにー

仕事を始めてからしばらくして偏頭痛に悩まされるようになった.

デスクワークの肩凝りだと思っていたが,どうもおかしい.

一体どういうわけか,毎日頭痛薬を服用しなければ正気が保てない状態になった.

 

私は今日,何か自分が極度の緊張状態に陥っていると気が付いた.

それは周囲に対する怒り,恨み,憎しみによるものであったのだと思う.

防衛本能によって,無意識に力が入った状態になっていたのだろう.

 

正に祟り神になりかけていた自分に気が付いたのである.

 

もっと楽に生きられるはずだと思う.

まだ人間に戻れる.

 

f:id:kk_investment:20190517202035j:plain

 

お金の価値が無い世界

お金の価値が無くなったらどうなるか.

あなたは今までのように残業をするだろうか?

そもそも,今の仕事をし続ける原動力(Driving Force)はあるのだろうか?

 

これはとても難しい問いだと思う.

お金の尺度があるからこそ,物事の価値が一見明確であった.

「これは1万円のモノだから価値がある,良いモノである.」

「これは100均ショップの品物だから質が悪い.」

「つまらない仕事だけれど,日給1万円だから我慢できる.」

・・・

 

さて,お金の魔力が目の前から消え去った時に,人間に何が起こるだろうか.

 

きっと人は迷う.

今まで自分を導いてくれた光が突如失われるのだ.

 

しかし,その暗闇を一歩踏み出すことが,人類の次のステージになるのだろう.

 

無責任な民衆

日本社会の抱える重要な諸課題は,結局何一つ解決できなかった.

これらは過去形の事実であり,これから議論するという次元ではなく,もう結論が出たことである点には注意を要するだろう.

 

少子高齢化

国や役人が何とかして,時間が経てば自然と解決すると思っていた.

⇒自分じゃない誰かが解決することだと思っていた.

 

■労働力不足

アジア諸国の貧民を輸入すれば解決すると思っていた.3Kの皆が嫌がる仕事は,外国人が低賃金でも喜んでやると思っていた.あるいは凄いAIロボットが突然現れて,仕事をやってくれると思っていた.

⇒自分じゃない誰かが解決することだと思っていた.

 

■技術力低下

日本はこれまで偉大な発明家やノーベル賞受賞者を輩出してきた.日本人は正に神に選ばれた優秀な民族であるから,これからも不世出の天才が生まれるだろうと思っていた.

⇒自分じゃない誰かが解決することだと思っていた.

 

■異次元金融緩和

株価を吊り上げておけば景気が良くなると思って,ひたすらお金を刷って株と債券を買い支えた.未来できっと状況が好転して,買い支えてきた資産の縮小も上手くいくはずだ.それは次の世代で何とかするだろうから私たちの問題ではない.銀行も低金利で大変だけれど,自助努力できっとうまくいくだろう.

⇒自分じゃない誰かが解決することだと思っていた.

 

全てが当事者意識の欠けた楽観であった.

 

メディアの発達により,民衆は自らの権利を主張することを覚えた.しかし同時に,社会を構成する主役が自分たちであることを忘れてしまった.それはまるで,社会インフラが国家や政治によって維持されるものであり,民衆はそのサービスをただ受動的に受け取る存在であるかのような振る舞いであった.

 

私には,この先の未来が明るいとはどうしても思えない.

ただそれがどういう未来なのかイメージできないままでいる.

 

相場におけるフックの法則

平均から大きくかい離して下げたものは,それを修正する形で上がる.

これは下がったから上がるという機構であり,バネの性質に似ている.

 

こういった状況で上値を買うと痛い目に合う.

なぜなら,伸びきったバネの未来予測は可能だからだ.

 

伸びたバネは縮む.それ以上でもそれ以下でもない.

ただし何度も伸び縮みしたバネはいつか引きちぎれて弾性を失うだろう.

 

古典的運動方程式によって未来が決定的であるならば,それに逆らうトレードに何の合理性があるのだろうか?

 

バネの運動を見て,次の瞬間千切れることを予想する人はこの世にいないはずだ.

それにもかかわらず,価格チャートを見ている人間はこの瞬間をレンジブレイクだと期待してしまう.なんとも不思議な現象である.

 

例えばポンド円では,2015年高値の195.883円を強く超えてからロングするのが正しい.195.883円を超えてなお上昇基調が続けば,これは長期上昇トレンドだと呼べるのだ.

 

その値動きは,もはやバネの性質ではない別の力によってドリヴンされているのである.

 

f:id:kk_investment:20190316082855p:plain

 

長期トレンドの重要性 -逆張りの安全装置設計ー

長期トレンドに逆らったトレードは大抵失敗する.

これは全く明らかである.

逆張りは,いわゆる歴史的な転換点の1点でしか大きく勝てないからだ.

 

月足レベルの下落トレンドとは何を意味するのか?

例えば,「四か月下げ続けて,一カ月だけ少し上がる.」といった値動きを年単位で続けている資産があったとする.これは右肩下がりのチャートとなるだろう.

 

これに対してロングポジションをとったとする.

この行為は,

「取引時間の内,5分の4の時間で値が逆行するストレスを甘受すること」

と同値である.

 

これに果たして人間の精神は耐えられるか?

基本的には不可能だと考えていい.この偏りはより短い時間足,4時間足,1時間足,5分足,1分足でも当然連動する.すなわち,5分間の内4分間下げ続ける中で買い向かうことになるのだ.とどのつまり逆張りというのは,この逆行の中の僅かな特異点を拾い上げる行為である.

 

長期トレンド逆張りで生き残るための規律

1.ロスカット徹底

ある値を付けたら問答無用で逆指値決済する.一度決心が遅れると二度と助からない.待っていれば助かるというのは,せいぜい1時間足でのトレードに限る.

 

2.ストーリーを最後まで信じ続ける自信

一度こうと決めたら,逆指値にかかるまで自分のストーリーを信じ続ける.チャートがどんな値動きをしようが関係無い.また,どんなに経済指標が悪かろうが関係ない.この世は指値と自分のストーリーだけが全てである

 

3.短い時間足のチャートを見ない

短い時間足の値動きは我々の弱い心を揺さぶってくる.これに対抗するには,無視するのが唯一にして最強である.勝てないものとは戦わない.戦術の基本である.

 

ちゃんとルールを守れば資産を築けるだろうし,愚か者は全てを失うだろう.

私はルールを何度も破って,しっかり退場した.

 

f:id:kk_investment:20190308032156p:plain