社会から見捨てられた,とある個人の手記

世界経済や社会現象を通して,自己とは何かを突き詰めていきます.基本的に便所の落書きです.

不気味な世界情勢 -パンドラの箱が開かれる時ー

米朝会談の開催中止を通知する書簡がホワイトハウスより出されました.

世界は再び混沌に向かいつつあるように感じます.

 

4月以降,半導体産業を中心とした好景気と地政学リスクの緩和によって,世界には楽観ムードが満ちていました.私自身も,これからパクスアメリカーナが到来するのかと錯覚していました.リーマンショックから十年,景気サイクルの最終局面だとは分かっていたのに,全く油断していました.

 

人間の心理は,期待が失望に変わった時,極めて強く悪化します.始めから失望していた時とは全く異なる現象が起こります.好きな女の子と何度かデートしてから振られるのと,デートの誘い自体を断られるのとでは,センチメントの傷つき方が違います.

 

端的に言えば,人間の心理は「期待裏切り」にとても弱いということです.

 

何か,「好景気によって蓋されてきた臭いモノ」が世界中で解き放たれそうな気がしています.今まで一生懸命抑えてきた世界の本性が現れるかもしれません.それはきっと,皆が何となく分かっていたけれど,意図的に無視してきた不都合なものであったりします.