ひたすら雰囲気で投機するブログ

資本主義に真正面から立ち向かうスタイル

儲かればそれが正しい.-目的と手段の峻別ー

「儲けられるならば,どんな市場でも商品でもいい.」

 

日本株でも米国株でも利益は利益です.

マザーズの新興株でも任天堂でも,1%の上昇は1%の上昇です.利益を確定すれば,当然同じ額の現金(101%)が残ります.任天堂株産の現金にブランド価値がある!なんて言う人がいれば,これは間違いなくキチガイと呼ばれるでしょう.

 

投資初心者は,アウトプットである利益をないがしろにしがちです.私自身も,初めはJNJ, KO, PMのようなブロガーオススメ超大型米国株を持つこと自体が正しいのだと刷り込まれました.それら優良株を所有していることが正義であるという誤謬です.

 

バフェットが保有しているからという理由でIBMに投資してしまう層は,ブランドに満足しているタイプであります.本質的には,投資家と呼べる人種ではありません.例えるならば,黒のワゴンRに乗った田舎のマイルドヤンキーが,ヴィトンの財布を持って満足するのと同じです.

 

投資の目的はリターンを得ることであり,株式やその他資産はその手段です.

当たり前のコトですが,油断しているとすぐ見失ってしまいます(^~^;)