社会から見捨てられた,とある個人の手記

世界経済や社会現象を通して,自己とは何かを突き詰めていきます.基本的に便所の落書きです.

おっぱい派なのか,お尻派なのか,それが問題だ....To be, or not to be...

まず性に目覚めた頃は,大体おっぱい派なんですね.

やっぱり王道を攻めるわけですよ.

 

でも高校~大学ぐらいになるとね,お尻も攻め出すんですね.

周囲は巨乳を喜んでるけど,俺はお尻派を貫きたい.あえてね.

そこから更に太ももに派生していく変化もできる.

常に新しい自分を切り開く可能性を信じたいんですよ.

 

最終的な到達点は,意外とおっぱいなんですね.

おっぱいあってのお尻なんやって,気付いたんですよ.

 

でもこれって,初めからおっぱいに辿り着いたんじゃなくてね,お尻や太ももの世界でプレーしてようやく分かったことなんですよ.

 

だから僕が青少年たちに言いたいのはね,今の性癖に満足するなということ.

 

・・・暑さで頭おかしくなってきたゾ