社会から見捨てられた,とある個人の手記

世界経済や社会現象を通して,自己とは何かを突き詰めていきます.基本的に便所の落書きです.

人材難時代 -企業の自然淘汰ー

バブル崩壊以降,企業にとって人材とは,自由に選別でき,自由に使役でき,自由に消耗できる道具であった.どんなに収益性が悪い事業でも,労働条件が悪くても,労働者は掃いて捨てるほど集まったので,コスト削減による事業継続性の確保,すなわち縮小均衡政策が可能であった.

 

この結果,本来社会から消えなければならない企業が生き長らえてしまった.これが失われた20年を生み出した一つの原因と言えるだろう.私達は捨てるべき過去にしがみ付き,自ら未来を拒絶したのだった.それは不幸ではなく,選択だったのだ

 

そして今,現場ではその状況が一変しつつある.企業はマンパワーで収益性の悪さ,すなわち事業価値の低劣さを誤魔化せなくなっている.すなわちコストプッシュインフレだ.日銀のクロちゃんが物価目標を達成できなくて叩かれているが,水面下ではしっかりインフレが起こりつつある.ただそれが臨界点に達していないだけのことだ.

 

私は,人材難が日本経済にとって福音になると考えている.

ようやく...ようやく社会に必要でない企業が自然淘汰されるのだ.

 

人口減少は斜陽ではなく洗練である

真に価値あるモノに資源が集中するのだ.それはすなわち,日本の新たな繁栄を意味するだろう.