社会から見捨てられた,とある個人の手記

世界経済や社会現象を通して,自己とは何かを突き詰めていきます.基本的に便所の落書きです.

久し振りの株価下落 -イキり天井,ポエム底ー

久し振りにボラティリティがHOP-UPしている.

ツイッター界隈でポエムが出始めているので,一旦の反発は期待できよう.

 

私自身,年初来でプラス運用出来ているのは成長の証だと評価したい.しかし,先物運用は先の乱高下でほぼプラマイゼロとなり,日本株式スイングの利確分がプラスになった状態だ.更に言えば,8月末時点でフルキャッシュポジションに戻した判断は,今となっては英断だったと言える.利益が出たことよりも,今ファイティングポーズを取り続けられていることを最も褒めたい.

 

さて,問題はこれが調整局面なのかベアトレンドの初動なのかだ.

客観的な事実から判断すれば,単なる押し目である.主観的には絶対買いたくない局面である.こう言う時は月足チャートを見た方が良い.

 

日経225月足の12か月,24か月,36か月の移動平均線を見る.

今は,過去12カ月に買った投資家の損益分岐点に到達しただけだと分かる.24480円の高値を見てしまったから暴落に見えるが,平均からの乖離が修正されただけである.12カ月と言う長期的視野に立った賢明な投資家にとってはまだ押し目なのだ

 

ただし,自分の値ごろ感を消すためにも,今は相場から離れた方が良い.最低2カ月経ってどういう価格帯に落ち着くのかが見たい.もっと言えば3カ月は待ちたい.

 

f:id:kk_investment:20181013092746p:plain

 

 超長期移動平均がパーフェクトオーダーになっている事実を忘れてはいけない.