ひたすら雰囲気で投機するブログ

資本主義に真正面から立ち向かうスタイル

翼の折れた株式市場 -泣いて馬謖を斬れるか?-

小型株の調子がむちゃくちゃ悪い.

悪いなんてレベルじゃない.とにかく資金が抜けまくっている.

投資家のセンチメントはボロボロである.

 

例えば監視していた下の2銘柄(非保有)は6月以降ズタボロ.

すごく異様な雰囲気を感じる.

 

11/16ナイトセッションの日経平均先物終値が21760であった.

正直言えば,この日の日中で22000は超えなかったのが全くの意外で,アレ?という感触がした.指数がこの体たらくということは,信用取引をしている個人投資家はほぼ壊滅状態だろう.

 

ここを来週底抜けると,リアルガチのリセッションに入る恐れがある.

リセッションに根拠は要らない.

 

泣いて馬謖を斬る.」

これが来週のテーマだと考えている.

 

f:id:kk_investment:20181117091752p:plain

 

 

f:id:kk_investment:20181117091818p:plain