社会から見捨てられた,とある個人の手記

世界経済や社会現象を通して,自己とは何かを突き詰めていきます.基本的に便所の落書きです.

2019年1月3日 アップルショック

昨日2019年1月3日早朝,円相場がとんでもない動きをした.

移動中の電車の中でレートをチェックしたら文字通り目が点になった.

 

f:id:kk_investment:20190104204118p:plain

 

直近高値から約4.8円のドル円レート大暴落.

証券会社によってはBid103円台まで付けていたところもあった.

クロス円も揃って大暴落.どこかで核戦争でも始まったのかと思ったぐらいだ.

 

率にして4%強の下落となる.

レバレッジ25倍であれば,25×4=100%,すなわち破産級ボラティリティである.

 

円相場がこんなに急伸したのは本当に見たことが無い.

余りにも異様な動きであった.昨年4月以降安定して円安トレンドであったのが,一瞬にして豹変した.これまで111円オーバーの滞空時間が非常に長かったので,今回かなり死人が出たのではないかと思う.2018年は押し目を拾って平均単価110円ぐらいが上手い人といった感じであったと思うから..ほんとうに阿鼻叫喚の世界であったと思う.

 

ニュースでは全く取り上げられていないのだけれども,何か恐ろしい事の前触れの気がしてならない.AIによる高速自動売買によって,金融市場が自壊し始めているのではないか?これは新たな暴落の形なのかもしれない.地政学的リスクやシステミックリスクではなく,ただ下げるために下がるというリセッションである.

 

人間の欲望が生み出した装置が暴走したとして,それは一体どこまで突き進むのだろうか.多分誰も想像しないような光景が目の前に広がっているだろう.