ひたすら雰囲気で投機するブログ

資本主義に真正面から立ち向かうスタイル

現実を直視する力

相場の値動きに理屈を求めてはいけない.

損切りの決断が遅れて致命傷になるからだ.

 

「下げる理由が無いから戻るはずだ」

という思い込みがいつか必ず自分を殺すことになる.

 

我々は理屈を捏ねるより先に,今下がっている現実を受け止めなければならない.

 

あらゆる危機について同じことが言えるだろう.

危機というのは,想定の外の出来事であって,当然理屈の範囲を超えている.統計学的に言えば3σなどかわいいもので,本当の危機は,6σだとかそういう領域の出来事になる.要するに,危機とは人間の一生で出会うかどうかわからない現象である.

 

先般,「こんなところまで津波が来るわけが無い」と思い込んだ人々は皆死んだ.

彼らは避難警報が出ている現実を受け止めず,自分の理屈の世界に答えを求めたのだ.

 

目の前の受け入れがたい現実を,どれだけ早く受け入れることができるか?

相場で生き残るために必要なのは,唯一この能力だけであるように思う.

 

f:id:kk_investment:20190224220637p:plain