ひたすら雰囲気で投機するブログ

資本主義に真正面から立ち向かうスタイル

北朝鮮の地政学的重要性

北朝鮮地政学的重要性を軽視してはいけない.

38度線は旧東西冷戦によって残された最後の遺恨である.

 

いまのところ,我々日本人は北朝鮮を貧乏な独裁国家だと見下している.しかし,この極東の地の地政学的対立が解消した時に,日本のプレゼンスがどのように変化するかはよく考える必要がある.

 

すなわち我々日本人は,年老いた極東の島国が,今後歴史の表舞台から姿を消す危機感を自覚しているのか?という問いである.世界がこれからも日本を重視してくれるかどうかは甚だ疑問である.

 

日本人は未だに自国が一等国であると夢想している.

エコノミックアニマルの末路は,意外と惨めかもしれない.